Work & People

インタビュー05

person05
中島 友理Yuri Nakajima
管理部 人事課

人事のスペシャリストとして
スキルアップを目指す。
新しい価値を生み出すことがやりがいに。

中島 友理

管理部 人事課
大学卒業後、大手食品メーカーで人事担当として採用や研修を担当。ここで人事の仕事が面白くなり、さらに極めたいとの思いから、サンワカンパニーの人事課に転職。

やりたいことが、会社の成長に繋がる。
未来を託す若手の採用に全力を注ぐ。

 社会人になってから、人事畑一筋で歩いてきました。採用や研修などに興味があり、今回の転職も、人事としての自分のステップアップのためです。サンワカンパニーに決めたのは、当時100名ほどの会社でありながら、ここ10年で急成長していること、また、面接時に会った社員のパワーの強さや、ショールームの洗練された商品と空間に純粋に惹かれたことです。空間全体を提案するというコンセプトにも興味を持ち、ここはまだ成長する!と可能性を感じました。

個々の圧倒的なパワーに、
企業の可能性を感じました。

 人事課には、採用、研修、労務関係、人事考課、就業規則の整備など、幅広い業務がありますが、私は主に採用と研修業務を担当しています。
 今、一番やりがいを感じているのは新卒採用です。当社はこれまで中途採用のみ行なってきたため、高度な専門知識を持ったスペシャリストが多く在籍している反面、各々がこれまでの会社で培った考え方や価値観が混在している状況でした。そこで、2017年度から新卒採用を開始。先入観のない新卒社員を採用することで、サンワカンパニー独自のアイデンティティを作り上げ、ゼネラリストとして第一線で活躍してほしいという思いからのスタートでした。
 「新卒」という貴重な機会に当社を選んでもらえることは非常に嬉しいことですし、大きな達成感を得ると同時に、新入社員の皆さんが入社後に後悔しないような環境を作らなければならないというモチベーションアップにも繋がっています。また、新入社員が、入社後の研修を通じてスキルアップし、配属部署でさらに成長して活躍する姿を見ることができるのは、採用担当の醍醐味です。新卒採用は今後も継続していきます。サンワカンパニーというアイデンティティを、これから一緒に作り上げていける方々と出会えることが大きな楽しみです。

ないものは自分で生み出す。
生みの苦労は成長に繋がる。

 当社は、良い意味でも悪い意味でも決まったものがなく、自由にチャレンジできる環境です。一から作り上げていくことは、難しさもある反面、それ以上の楽しさとやりがいを感じることができます。先日、初の「ファミリーデー」を企画、開催しました。従業員のご家族を会社に招待し、家族が働く職場を楽しみながら見学してもらおうというものです。ゼロからのスタートで、準備の苦労とプレッシャーは想像以上でした。ですが、当日は大盛況で、参加された社員のご家族やお子さんたちにも喜んでいただけました。来年はもっと規模を大きくして開催したいと思っています。

誰もが発信できる社風。
大きな野心を持っている人こそぜひ!

 「これがやりたい!」と声を上げれば、実現できる環境があります。その上、経営陣との距離が近いこともあって、決定までがとてもスピーディです。この提案から実現までのスピード感が当社の社風の良いところだと思います。今、実現させたいのは社内の研修制度の拡充です。新入社員研修はかなり充実した制度を整えていますが、若手層、マネージャー層、経営層など、各階層に必要な研修制度を整えていきたいです。社員一人ひとりがスキルアップすることによって、会社全体のさらなる成長に繋げていきたいと思っています。
 これから入社していただく方には、「自分がこの会社を作っていくんだ!」という強い思いを持って入社して欲しいですし、実際にそれが実現できる環境がサンワカンパニーには必ずあります。

採用活動などで移動が多いため、人事課にはノートパソコンが支給されています。面接や打ち合わせ時など、いつでも傍らに備えています。

Daily Schedule

9:00

出勤

出勤後、メールチェックを行い、採用候補者のレジュメチェックや、選考の日程調整を行います。

10:30

打ち合わせや面接

人材紹介会社や研修会社との打ち合わせや、面接の実施などを行います。

12:00

同僚と昼食

社内の人とランチタイム。社内の休憩室で食べたり、会社周辺の穴場なお店を探したりしてリフレッシュしています。

14:00

ミーティング

社内でのミーティングや資料作成などの事務作業のほか、求人媒体などに求人を掲載する取材・撮影を行うこともあります。今日中にすべき仕事を片付けて、17:30には退社します。