DESIGN AWARD 2019 Product プロダクトデザイン部門DESIGN AWARD 2019 Product プロダクトデザイン部門

テーマ

Next Solution

これからの時代に起こりうる問題や困りごとを解決し、私たちのくらしに、
今までに無かった価値をもたらすプロダクトのアイデアを募集します。

  • 募集期間

    2019年7月16日(火)~10月31日(木)

    一次選考:2019年11月上旬
    最終審査:2019年12月12日(木)
    表彰式:2020年1月16日(木) サンワカンパニー東京ショールームにて開催

  • 表彰

    最優秀賞1点…賞金50万円

    サンワカンパニー賞1点…賞金10万円
    Casa BRUTUS賞1点…賞金10万円
    入賞3点…賞金5万円
    新人賞1点…賞金5万円 (※30歳以下が対象)

    ※受賞作品は雑誌「Casa BRUTUS」にて掲載予定

    ※受賞作品は商品化の可能性あり

  • 審査基準

    • ①テーマに沿っているか
    • ②サンワカンパニーのモノづくりコンセプトに合致しているか
    • ③新規性と独自性
  • 審査員

    Photo:Takeshi Shinto

    審査委員長 
    鈴木啓太氏
     
    Keita Suzuki

    プロダクトデザイナー。1982年愛知県生まれ。古美術収集家の祖父の影響で幼少からものづくりを始める。2006年多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。2012年『PRODUCT DESIGN CENTER』設立。プロダクトデザインを中心に、プランニングからエンジニアリングまでを統合的に行い、家電、モビリティ、家具、日用品、アートに至るまで、国内外で様々なプロジェクトを手掛けている。

    近年の主な仕事に、ローレル賞2019を受賞した相模鉄道『20000系』や『12000系』のモビリティデザイン、三越伊勢丹のブランドディレクションやストアウィンドウのデザイン、欧州ブランドとのコラボレーション、キッチンツールブランド『DYK』のディレクション、日本やブータンでのクラフトデザインなどがある。

    主な展覧会は2014年『サン・ティティエンヌ国際デザインビエンナーレ』(フランス)、2019年『AGC Emergence of Form』(ミラノ)。個展では、2018年『鈴木啓太の線』(柳宗理記念デザイン研究所)、2018年『60 Sounds, 60’s Spirits』(フリッツ・ハンセン青山本店)。また2016年『HUBLOT DESIGN PRIZE』(スイス)をはじめ、国内外での受賞歴がある。

    金沢美術工芸大学客員教授、グッドデザイン賞最年少審査委員。

    【コメント】

    インフラからツマミまで、ソリューションといっても実に幅広いもの。今は環境や暮らし方が画一的ではなく、人それぞれの生き方も問題も多様化している時代です。今回応募される方には、日常の小さな気づきを大切にした自由な発想を期待します。
    また、「機能」はいずれAIが最適解を自動的に生み出すでしょう。そのとき私たちデザイナーは何ができるのか。「正解」を超えた、人が無条件に感じる「美しさ」も忘れてほしくない重要な視点です。

    審査員 西尾洋一(Casa BRUTUS編集長)
    山根太郎(サンワカンパニー代表取締役社長)
    津崎宏一(サンワカンパニー取締役副社長)
    勝沼潤(サンワカンパニークリエイティブ顧問)
    古澤幸彦(サンワカンパニーマーケティング部長)
    濱田広一(サンワカンパニー商品部長)

応募について

応募条件

国内外未発表の作品。

応募資格

個人またはグループ(年齢、性別、職業、国籍不問)。

応募点数

制限なし。ただし1作品につき1登録とする。

応募方法

下記応募フォームより、必要事項を記載の上、プレゼンテーションシート(JPEG画像)をお送りください。

【プレゼンテーションシートについて】
A判比率(297:210)横・片面1枚
※追加ページは認めません。
下記の必須要素を配置してください。

  • 作品タイトル
  • コンセプト
  • 作品がどのような課題解決をしているのか
  • デザインイメージ(CG、模型写真、イラストなど、様式は問いません)
  • その他、提案に必要な要素は自由に追加ください。
  • 結果発表の際、WEBサイトや雑誌などにプレゼンテーションシートを掲載する場合があるため、
    シート内に応募者を判別できる情報は記載しないでください。
  • 使用言語は日本語もしくは英語に限ります。
  • ファイルの形式はJPEG(1000×1000pixel以内)でお送りください。
  • 郵送や持ち込みなどでのエントリーは受け付けておりません。ご注意ください。
応募作品について

応募作品は応募者自身のオリジナルであり、著作権、意匠権、商標権、肖像権その他第三者の権利を侵害しないものに限られます。
応募作品は国内外で未発表のものに限られます。
株式会社サンワカンパニー(以下「主催者」という)は、受賞作品を主催者の名前で商品化する場合があります。
主催者は、受賞作品を公表しまたは商品化する際、受賞者の氏名、会社名などを商品に表示し、公表する場合があります。
受賞作品の公表及び商品化に関する権利に関しては、主催者に帰属するものとします。また、受賞者は、受賞作品に係る特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権(著作権法第27条及び第28条所定の権利を含む)、その他一切の権利を主催者に無償で譲渡するものとします。さらに、受賞者は、著作者人格権を行使しないものとします。
主催者は、受賞作品を商品化する際、デザインの一部を変更し、または他のデザインと組み合わせる場合があります。
主催者は、受賞作品以外の応募作品を上記の方法で公表し、または商品化する場合があります。この場合、主催者は応募者に対し、個別の意思確認を行うこととします。
応募者は、コンテストの紹介や記録のために、応募作品を主催者が無償で利用することを認めるものとします。
第三者の知的財産権その他の権利を侵害する作品、公序良俗に反する作品、または誹謗中傷を含む作品であると主催者が判断した作品は、審査の対象外と致します。
主催者が、受賞作品の応募が本規約に違反すると受賞後に判断した場合には、受賞を取り消す場合がございます。
応募者は、応募作品を他のコンテストへ二重応募し、または主催者の同意なく公表することはできません。

個人情報

主催者は、本コンテストに関連し応募者から取得した個人情報を次の目的で使用する場合があります。

  • ①受賞の通知並びに賞品の郵送または受け渡しをするため。
  • ②①の他、本コンテストまたは応募作品に関する問合せのため。
  • ③広告媒体を通じ受賞者を発表するため。
  • ④主催者が行う各種イベント・キャンペーンに関するご案内をするため。
  • ⑤主催者の商品またはサービスに関するご案内をするため。
その他

賞金は主催者が予め公表した金額から税金を控除した金額をお支払致します。
主催者は、応募作品その他本コンテストに関連し応募者から取得した資料を応募者へ返却致しません。
応募が無効となりまたは止むを得ない理由により取り消された場合であっても、主催者は応募者に対し、応募にかかった一切の費用を返還致しません。
応募要項に記載された事項以外について取り決める必要が生じた場合、当該事項については主催者の判断により決定致します。応募者はその内容に同意できない場合は応募を撤回することができますが、この場合であっても主催者は応募にかかった一切の費用を返還致しません。

主催

株式会社サンワカンパニー

協力

株式会社建報社