社長のお客さま訪問記 Vol.02~福岡・モダンプロジェ様~

サンワカンパニー社長の山根太郎が、実際にお客様を訪問して生の声をお聞きするこの企画。

今回、山根が訪問したのは、株式会社モダンプロジェの別府社長です。

 

九州を中心に投資用賃貸マンション・アパートの企画、販売、資産運用に関するコンサルティングなどをされていて、サンワカンパニー商品を多数お使いいただいています。

さらに同社の事務所ビルとして、先日サンワカンパニーの《クラスコ》を採用いただきました。

 

この《クラスコ》については、以前このブログの中でもご紹介しているので、合わせてご覧ください。↓↓

クラスコ納入事例:初の2階建てユニット

 

 

↑別府社長。明るく気さくにお話くださいました。
↑サンワカンパニー社長 山根。

 

 

 

「物件のブランド力を高めていきたい」

 

山根:先日、長崎で採用していただいたクラスコは、初めての2階建ての事例となりました。なぜクラスコに目を付けていただいたのでしょうか。

 

別府:可搬性が高いというのが大きかったです。近くに路面電車が通っていたため、工事は夜中、路面電車のケーブルを外して行う必要がありました。クラスコなら、工場で出来上がったものを運んできて設置するだけなので、現場での工期を大幅に短縮することができたんです。今回は3日間で作業が終わりました。そしてデザイン性の高さにも満足しています。

 

山根:ありがとうございます。クラスコを採用いただいたことをはじめ、御社は新しいことにどんどん取り組まれているようですが、今どのようなことを目指されているのでしょう。

 

別府:私たちは、ブランド戦略で物件の価値を高めていきたいと考えています。

そのためには、こだわりを持った空間づくりが必要です。

 

山根:私たちも、ブランド戦略はとても重要視しています。

不動産業界での御社のブランド戦略とは、どういったものなのでしょうか。

 

別府:よく「家賃相場」という言葉を耳にされると思います。しかし実は、家賃に相場なんてありません。この土地で、この広さならこれくらいの値段というのは、不動産業者が勝手に決めているだけで、本来はそこに住まわれるお客様が、「この家ならこの値段で住みたい」と思う値段であるべきだと思います。そしてお客様がそこに見出す価値には、土地や面積だけではなく、どんな雰囲気の空間か、というような感性的な要素もあるはずなのです。

ですので私たちは、そうした要素にもこだわることで、物件のブランド力を高めていきたいと考えています。

 

山根:なるほど、非常に共感できるお話です。

私たちがいる建築業界だと、今まで住宅設備、建材は後回しにされがちで、重視されない傾向にありました。しかし私たちは、デザインや品質が良くお客様の感性に響く商品を提供し続けることで、例えば「サンワカンパニーのキッチンを使いたい」と思っていただき、キッチン優先で空間づくりをしたくなるようなブランドをつくっていきたいと考えています。

 

別府:そうですね。またそうすることで、現在激化している価格競争に巻き込まれずにビジネスすることができ、賃料の底上げにも繋がっていくと思います。

 

 

 

「現場とのやりとりが、もっとスムーズになったらいいなと思います」

 

山根:サンワカンパニーに対して、もっとこうなればいいのにと思うことはありますか?ぜひお聞かせください。

 

別府:そうですね、商品発注から納品までの現場とのやりとりが、もっとスムーズになったらいいなと思います。

サンワカンパニーさんは、商社や代理店などの仲介業者を通さず、直接建設業者に販売されますよね。通常なら、慣れた仲介業者を介してやり取りをするので、納期の調整など細かい調整もスムーズですが、仲介業者がいないことで手間取ってしまうことがあるんです。この流れがスムーズになる仕組みが欲しいです。

 

山根:オペレーション面でご不便をおかけしているということですね。

仲介業者を通さないことで無駄なコストを削減し、どのお客様にも同じ価格で販売するスタイルは、私たちの大きな強みでもあります。

しかしそれは、業界の慣習から大きく逸脱するスタイルでもあります。

もっとお客様とコミュニケーションをとり、現場の方の要望を収集することで、よりスムーズに気持ちよくお客様にご利用いただける仕組みを作っていきたいと思います。

 

別府:サンワカンパニーさんの商品は本当に斬新で、いつも圧倒されています。

これからも使っていきたいと思うので、ぜひそうした仕組みが整うとありがたいです。

 

山根:ありがとうございます。今後も何かご意見やご要望があれば、ぜひお聞かせください。

別府社長、本日はありがとうございました。

 

 

―完―

 

以上、山根のお客様訪問でした!

別府社長、貴重なお話をお聞かせいただき誠にありがとうございました。

記事をシェアする