社長のお客さま訪問記 Vol.01〈前編〉~東京・丸山様邸~

こんにちは!広報の松本です。

 

この度、このサンワカンパニーオフィシャルブログにて新企画、「社長のお客さま訪問記」を始めます!

サンワカンパニー社長の山根太郎が、実際にお客様を訪問して生の声を伺い、お客様がつくられたこだわりの空間を見せていただこうという企画です。

これには、常にユーザー目線を大切にしたいという山根の強い思いがあります。

「すべてはお客様のために」という信念のもと、お客様からいただいた声を、今後のビジネスや商品開発につなげていきたいと、この企画をはじめることにしました。

 

↑サンワカンパニー社長 山根太郎

 

 

記念すべき第1回目は、東京都にマイホームを建てられた丸山様のお宅。

奥様と保育園に通うお子さんの3人暮らしで、こだわりのライフスタイルがたっぷり詰まった、モダンでスタイリッシュなご自宅です。

初めての試みにも関わらず、快く訪問を受け入れてくださいました。

 

こちらの前編では、丸山様のご自宅の設計段階でのこだわりについてのお話をご覧ください!

 

 

↑丸山様。とっても気さくにお話いただきました
↑丸山様邸。モダンな印象のすてきなお宅です

 

 

 

「設計段階から夫婦のこだわりを追求しました」

 

山根:新築でお家を建てられたということですが、どのようにして家づくりを始められたのでしょうか。

 

丸山はじめは家づくりの知識がほとんどなかったので、設計は大手ハウスメーカーに完全に任せていました。けれども出来上がった図面は、僕たち夫婦が思い描いていたものとはかけ離れていました。その後何度やり取りを繰り返しても、自分たちが満足できるものにはならなかったので、いったんハウスメーカーに任せることをやめました。

そして僕が大学で建築関連の勉強をしていたこともあり、自分たちで一から考えてみることにしたんです。

 

山根:それではもともと、「こんな家にしたい」というようなイメージ像が、ご夫婦の中にあったわけですね。

 

丸山はい。家を建てるにあたって、妻と一緒にSNSや雑誌から、理想の空間のイメージを集めていました。

そこで改めて情報収集するため、雑誌『モダンリビング』を見ていると、「これだ!」と思う理想通りの事例を見つけました。その設計をされたのが直井さんという建築家の方で、すぐにお電話しました。そして直接お会いしてこちらの要望を伝えたところ、直井さんの感性と私たちの理想がマッチしたので、ぜひお願いしようということになりました。

そしてピンタレストでイメージボードを作り、自分たちのイメージをできるだけ正確に伝えるよう努力しました。

 

山根:設計の段階から、かなりこだわられていたんですね。こだわりが強ければ強いほど、手間もコストもかかりますが、それでも丸山さんのように、ご自身の理想を実現したい!と行動されるお客様は近年増えているように感じます。

実は私自身も最近、家を建てたところなので、そのお気持ちは非常によくわかります。

 

丸山住宅設備や建材に関しても同じで、私たちの理想のイメージに合うものを探しました。

その結果行きついたのがサンワカンパニーさんだったというわけです。

 

山根:では丸山さんの空間イメージに弊社の商品がマッチしたというのが、我々の商品を選んでいただいた決め手ということでしょうか。

 

丸山そうですね。実際たくさんのショールームをまわりましたが、サンワカンパニーさんのショールームの展示空間が圧倒的にオシャレでした。売り場というよりも、空間全体を美しく魅せるように作られていて、楽しみながら商品を選ぶことができましたね。

 

 

 

 

「ライフスタイルの変化に合わせて空間も変えていきたい」

 

山根:家づくりの中で、特にこだわられたポイントはどこですか?

 

丸山まずはリビングの天井を高くすることですね。これだけは譲れず、3階建てにもできたところをあえて2階建てにし、高い天井のリビングにしました。

それからリビングの窓にもこだわっています。何もない白い壁だけというスペースをできるだけたくさん取りたかったので、基本的には余計な窓は付けていません。一方で外につながる天井から床まである大きな窓を作りました。そして、すっきりしたデザインの黒いサッシを特注で作ってもらいました。

↑黒いサッシの窓が大きな存在感を放っています

 

 

山根:黒いサッシがスタイリッシュで、素敵な窓ですね。残念ながらサッシは、現在弊社での取り扱いがありません。けれども一般に製造されているサッシには、なかなかオシャレでかっこいいものがなく、こだわりを持たれるお客様は特注せざるを得ないという話をよく耳にします。これは我々が解決していかなければならない課題で、さらにカテゴリー数を拡充していく必要があると思っています。

他にこだわりのポイントはありますか?

 

丸山可変性を持たせることです。例えばリビングの隣に仕切りを立てて作った娘のためのスタディーコーナー。娘が大きくなって必要なくなれば、仕切りを取ってリビングを広げたいと思っています。ライフスタイルの変化に合わせて家も変化させていければと考えています。

 

 

―つづく―

 

 

家づくりをはじめる頃から、ご夫婦の強いこだわりが感じられました。

後編は、いよいよサンワカンパニーの商品についてや、インテリアのこだわりのお話です。お楽しみに!

 

建築設計:直井建築設計事務所

建築写真:上田宏建築写真事務所/上田宏

 

記事をシェアする