レッド・ドットデザイン賞2018受賞式

こんにちは!広報の松本です。

 

ドイツのエッセンにて、世界3大デザイン賞の一つ、「レッド・ドットデザイン賞」の受賞式が開催されました。

以前のブログ「世界が認めたデザイン:洗面ボウル《アッセ》と《カーラ》」でも紹介させていただきましたが、サンワカンパニーは洗面ボウルの《アッセ》《カーラ》の2点で賞をいただき、受賞式には4名の社員が参加しました。

↑洗面ボウル《アッセ》・《カーラ》

 

 

実は今回の受賞式に参加したのは、商品開発担当者ではなく、営業担当や買い付け担当の社員でした。

これはサンワカンパニーでは珍しいことではありません。

サンワカンパニーは、世界に認められる高いデザイン性を持つ商品、そして空間をお客様に提供したいと考えています。

そのために、商品開発を担当する従業員だけでなく、販売や管理側の従業員も世界の舞台を肌で感じ、感性を磨くことは非常に意味があると、社長の山根は考えています。

こうした理由からサンワカンパニーでは、レッド・ドットデザイン賞のような、世界的に権威のあるデザイン賞の受賞式などに出席するチャンスが、全ての従業員に与えられているのです。

↑サンワカンパニーからは4名が受賞式に参加

 

 

レッド・ドットデザイン賞は、世界3大デザイン賞と言われるだけあり、受賞式も非常に豪華!

受賞式会場の入り口にはレッドカーペットが敷かれており、スケールの大きさを感じさせます。

また式は、ブルーのライトに照らされた幻想的な演出のもと執り行われました。

↑受賞式・展示会場入り口の様子

 

受賞式会場から少し離れたところに、世界遺産に登録されているツォルフェアアイン炭鉱業遺産群という炭鉱の跡地があります。

ここが、受賞商品の展示会場になっています。

ヨーロッパ特有のレンガ造りの建物で、歴史を感じる空間の中に、世界最先端のデザインがずらりと並びます。

受賞商品の多くが、誰もが知っているような大手企業のものばかりで、その中にサンワカンパニーの商品が展示されているということは、非常に誇らしいです。

受賞式に出席したメンバーいわく、「世界トップレベルのデザインに触れて、大きな刺激を受けた」とのことでした。

↑受賞商品の展示会場

 

 

今後もサンワカンパニーは、世界トップレベルのデザイン水準をさらに向上させながら、商品開発を続けていきます。

またこのような賞をいただくことができれば、報告させていただきたいと思います!

記事をシェアする