世界が認めたデザイン:洗面ボウル《アッセ》と《カーラ》

こんにちは、広報の松本です。

今回は、うれしい報告をさせていただきたいと思います!

 

先日、私も大好きな当社オリジナルの洗面ボウル、《カーラ》と《アッセ》が、世界3大デザイン賞の一つと言われる、レッドドットデザイン賞を受賞しました。

《カーラ》商品ページはこちら

《アッセ》商品ページはこちら

【左】洗面ボウル《カーラ》【右】洗面ボウル《アッセ》

 

 

そこでこの機会に、《カーラ》と《アッセ》の魅力をぜひお伝えしたいのです!

 

 

《カーラ》、《アッセ》この2つの洗面ボウルに共通している大きな特徴が、2つあります。

 

1つ目は、材質。
すべてステンレス素材でできています。

 

最も一般的な洗面ボウルは陶器製ですよね。
白くぽってりとした形のものはよく見かけます。
また人工大理石は、形を作るのに比較的自由度が高く、陶器では不可能なフォルムや質感をつくることができます。サンワカンパニーのオリジナル商品で多く使われている材質です。
一方でステンレスはというと、これまで洗面ボウルに使われることはなかなかありませんでした。
理由はサビやすいから。塗装が傷つきはがれることで、すぐにサビが発生してしまいます。洗面ボウルとしては致命的ですね。

しかし試行錯誤の末、はがれにくい塗装方法を実現し、安心してお使いいただけるステンレス製の洗面ボウルが完成したのです。それが《カーラ》と《アッセ》でした。

そこまで手間をかけてステンレス素材を使ったのは、当社デザイナーの熱いデザインへのこだわりがあったからでした。

 

 

特徴2つ目は、薄くエッジの効いたフォルムです。

 

写真を見てすぐにお分かりいただけると思うのですが、《アッセ》も《カーラ》もとにかくフチが薄い!
そしてまっすぐ伸びた直線とピンと曲げた角が、よりデザインにエッジを効かせています。

《アッセ》上から見るとフチの薄さがよくわかりますね!

 

 

こんな洗面ボウル、今までにあったでしょうか。

 

これは決して陶器や人工大理石では実現できない、ステンレスならではのフォルムです。

またこうしたフチの薄いすっきりとスタイリッシュなデザインは、最近のトレンドでもあります。

 

 

ここで特別に、当社デザイナーの最初のアイデアスケッチをお見せします。

【左】当初のアイデアスケッチ【右】商品化した《カーラ》

 

 

当初のイメージとほぼ変わらない形で商品化されていることがわかりますね。

けれどもこれは、決して簡単なことではなかったようです。

 

前述のサビの問題然り、薄いからこそ強度を保つための工夫が必要です。

またきっちりとした直角をつくるために、非常に細かい調整をしなければなりません。

シンプルなデザインだからこそ、ごまかすことができない。

実は細かな工夫がたくさん隠れている。

当社の商品開発はそんな緻密な設計の積み重ねなのです。

 

 

こうしたサンワカンパニーのこだわりが詰まった商品を今回、世界的に権威のあるレッドドットデザイン賞の受賞という形で認めていただけたことは、広報担当である私にとっても本当に喜ばしいニュースでした。

またこの2つの商品は既に、もう1つの3大デザイン賞、iFデザイン賞もいただいており、世界の評価を確かなものにしています。

 

 

そんな《カーラ》と《アッセ》は、設置するだけで洗面空間に心地よい緊張感が広がり、洗練された雰囲気を演出することができます。またシンプルなデザインなので、様々なテイストの空間とも相性抜群です。

ちなみに《カーラ》は壁付けの洗面ボウルで、下部に収納スペースまであります。

一方《アッセ》は置き型で、お好みの洗面台やカウンターとコーディネートして設置していただくことができる洗面ボウルです。

使い方に応じてどちらかをお選びいただければと思います。

【左】《カーラ》木目との相性も抜群です【左】《アッセ》並べて置いてもすっきり収まります

 

 

普通とはひと味もふた味も違う、センスある洗面スペースをつくりたい!と思われている方に、自信をもっておすすめします。

ご自宅に遊びに来られたお友達が洗面スペースをのぞいたときに、「かっこいい!」と驚かれるのが想像できますね。

ぜひ《カーラ》、《アッセ》で、すてきな空間づくりをおたのしみください。

 

《カーラ》商品ページはこちら

《アッセ》商品ページはこちら

記事をシェアする