入社式を行いました!

こんにちは、広報の矢頭です。
4月2日(月)に新卒2期生となる7名の入社式を行いました。

 

少し緊張している様子もありましたが、7名が打ち解けていて内定式よりもリラックスした表情で入社式に臨んでいるように見えました。

入社式は代表取締役社長の山根の挨拶からはじまり、続いて山根から辞令を新入社員1名ずつに手渡しをしました。その後、役員と部長からも新入社員へ激励の言葉を送りました。

↑辞令交付の様子。

山根からの挨拶で一番強いメッセージだと感じたのは「信頼を得ること」についてでした。小さな仕事から、着実に取り組みどんどん信頼を得ていき、大きな仕事を任せられる人物になってほしいとのことでした。


これから新入社員は、8月までの研修期間に入ります。外部での社会人のマナー研修、協力工場の見学、各部署をまわるOJT研修などを経て、社会人としての基礎知識だけでなく、サンワカンパニー全体の業務内容も学んでもらいます。研修を通して「自分は会社でどんなことをしたいのか」「こういうことは改善できるのではないか」ということを、じっくりと考えてほしいと思います。

 

※新入社員の研修内容はサンワカンパニーの採用サイトでも紹介しています!

 

サンワカンパニーの次代を担う新入社員がこれからどんな活躍をしてくれるのかとても楽しみです!

記事をシェアする