これまでのサンワカンパニー これからのサンワカンパニー<前編・その2>

こんにちは、広報の矢頭です。

先日2017年10月13日(金)にサンワカンパニーは「組織変更及び社内人事のおしらせ」を発表しました。今回の発表内容は、外部顧問の就任、社内人事と組織と変更、荒砂、原野2名の取締役の退任の決定です。

 

これらの発表した組織変更に伴い、複数回にわたって「これまでのサンワカンパニー これからのサンワカンパニー」と題し、対談インタビューを掲載します。<前編>では退任する荒砂、原野2名の取締役の話をサンワカンパニー代表の山根が聞き手となって対談し、また<後編>では新しく就任される顧問の方などこれからのサンワカンパニーを牽引していくメンバーでの対談インタビュー行います。

 

今回は<前編・その2>として続きとなる対談の模様をお届けします。(前回の記事はこちら


山根 これまでサンワカンパニーが社会に貢献できたことや影響を与えたことは何だと思いますか?

 

荒砂 商品の選択肢を増やしたことでしょうか。創業者(現在の代表取締役社長・山根太郎の父、山根幸治)は常々「こうしたらお客様は喜んでくれるんじゃないか」という目線で、ものづくりや事業を展開していました。こういったスタンスを貫かれビジョンを掲げてもらっていたので、私たちも次第に本当に日本の建築業界を変えられるのではないかと感じていました。

 

原野 インターネットを使い、ワンプライスで住宅設備・建材を売りはじめたことは、建築業界に対して価値観を提示したという自負はあります。また商品やビジネスモデルだけでなくカタログやWEBサイトなどの面でも先進性があったのではないでしょうか。

 

山根 では長い間会社を見られてきて、変わったこととそうでないこと、また変わってはいけないことは何だとお考えですか?

 

原野 一番は会社の規模でしょうか。私たちが入社した時は10名もいなかったのですが、現在は100名以上の社員がいますからね。そして変わっていないことと変えてはいけないことは常にチャレンジをすること、新しいことを発信していくことです。商品だけでなくすべてのセクションで「サンワカンパニーはまた新しいことをしてきたな」というように感じてもらいたいと思っています。

山根 なぜこれまでサンワカンパニーが成長して来られたのか、またこれからさらに飛躍をするために必要なことは何だとお考えですか?

 

荒砂 一番は商品力だと思っています。インターネットというツールで販売していますが、根底にあるのは商品の力だと思っています。また、さらに成長するためには夢とビジョンを常に持ち続けてもらいたいです。いつか点と点が繋がって「あの時言っていたのはこのことだったのか」と思える日が来ると思っています。

 

原野 これまでの成長は価格の透明性を掲げ続け、ビジネスモデルを信じてきたことだと思っています。サンワカンパニーはまだまだ発展途上ですから、しっかり基盤をつくっていく必要があります。

 

山根 ありがとうございます。サンワカンパニーは創業から順風満帆とは決して言えない会社ですが、荒砂さん原野さん2名のご苦労があったからこそ、今があり、成長を続けられています。創業者である父、そしておふたりからつないでいただいたサンワカンパニーを、いつか日本を代表する会社に成長させ、「世界のサンワ」にしていきたいと思います。今回はありがとうございました。

後編は11月上旬の公開を予定しています。

記事をシェアする